ブログ

Googleアドセンス「要注意-収益に重大な影響が出ないようads.txtファイルの問題を修正してください」のエックスサーバー対処法! 2019年10月

投稿日:

2019年5月ごろから、Googleアドセンスの管理画面に下記のような表示がされていませんでしょうか?

  • 要注意-ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

今すぐとなっていますが何のことかわからない。しかも、収益に重大な影響がでないようとなっているあたり、ちょっと怖いですよね。こちらの対処法についてご説明します!

ただ、安心してください。これを対処するには、5分ほどで済む設定なのでぜひやってみてください。

 

対処はいるの?いらないの?

ただ、 結果から言うと、上記のメッセージであれば、基本的に何もしなくてもいいそうです。

 

しかし、メッセージの始まりが、「 AdSense サイト運営者 ID が含まれていない

上記だった場合、間もなくしてGoogleアドセンスの配信が停止されます!

そもそも ads.txt ってなに?

そもそもads.txtってなに?という方に簡単にご説明します。

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

Google ヘルプ - ads.txtで認定販売者を宣言する

なるほど!!!

となる人はほとんどいないと思ういますが、簡単に言うと「偽の広告枠には今後掲載をしないようにするよー」みたいなことです。

広告の配信者がいるからこそ、アドセンスがあるのであって、広告が配信されるサイトがイマイチであると、広告配信をする人が少なくなってしまうというのを避ける意図があるのかもしれません。

要注意を消すために、ads.txtを設置しよう

 ads.txtを設置する手順 はたった2つ

ポイント

1.ads.txtを管理画面からダウンロード

2.自分のサーバーにアップロード


これだけです。まずは1番からやっていきましょう。

ads.txtを管理画面からダウンロード

「今すぐ修正」をクリック

ダウンロードを選択しましょう。テキストデータで「adx」がダウンロードできるかと思います。中を見ると下記のようになっているかと思います。pub-から始まる数字がご自身のサイトIDと同じであることを念のため確認してください。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

確認方法→アドセンス管理画面の「アカウント」→「アカウント情報」→「サイト運営者ID」

自分のサーバーにアップロード

エックスサーバーにログインし「ファイル管理」をクリック

ドメインをクリックする

該当するドメインにチェック!クリックするのはもちろん要注意になっているドメインですよー

public_htmlをクリックします。

「adx.txt」をアップロードする

ポイント

ファイル名の文字コードを「UTF-8」

ファイル「ads.txt」を選択してアップロードします。

「adx.txt」ファイルを編集する

アップロードしたファイルをチェック

編集をクリック

保存文字コードをUTF-8にする。→保存をクリック

 

以上で終了です!

ads.txtが正しくアップロード出来ているか確認する方法!

アップロードが終わったら、ちゃんとできているかを確認しましょう。

やりかたは簡単です。下記にアクセスしてください!

https//ご自身のドメイン/adx.txt

 

OKの場合

アップロードしたtxtファイルの内容が表示される。

 

NGの場合

404エラーページが表示されてしまう。

404エラーページになってしまった場合はどこかで間違ってしまった可能性が高いので見直しましょう。

特に、ads.txtをアップするところがややこしいかと思いますが、

対象のドメインのさらに下層であるpublic_htmlにアップロードするのが正しいのでお気を付けください。

 

最後に

 

解決できましでしょうか?出来なかった場合は、コメントいただければお助けいたします。

最後までありがとうございました。

これだけです。まずは1番からやっていきましょう。

ads.txtを管理画面からダウンロード

「今すぐ修正」をクリック

ダウンロードを選択しましょう。テキストデータで「adx」がダウンロードできるかと思います。中を見ると下記のようになっているかと思います。pub-から始まる数字がご自身のサイトIDと同じであることを念のため確認してください。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

確認方法→アドセンス管理画面の「アカウント」→「アカウント情報」→「サイト運営者ID」

自分のサーバーにアップロード

エックスサーバーにログインし「ファイル管理」をクリック

ドメインをクリックする

該当するドメインにチェック!クリックするのはもちろん要注意になっているドメインですよー

public_htmlをクリックします。

「adx.txt」をアップロードする

ポイント

ファイル名の文字コードを「UTF-8」

ファイル「ads.txt」を選択してアップロードします。

「adx.txt」ファイルを編集する

アップロードしたファイルをチェック

編集をクリック

保存文字コードをUTF-8にする。→保存をクリック

 

以上で終了です!

ads.txtが正しくアップロード出来ているか確認する方法!

アップロードが終わったら、ちゃんとできているかを確認しましょう。

やりかたは簡単です。下記にアクセスしてください!

https//ご自身のドメイン/adx.txt

 

OKの場合

アップロードしたtxtファイルの内容が表示される。

 

NGの場合

404エラーページが表示されてしまう。

404エラーページになってしまった場合はどこかで間違ってしまった可能性が高いので見直しましょう。

特に、ads.txtをアップするところがややこしいかと思いますが、

対象のドメインのさらに下層であるpublic_htmlにアップロードするのが正しいのでお気を付けください。

 

最後に

 

解決できましでしょうか?出来なかった場合は、コメントいただければお助けいたします。

最後までありがとうございました。

Copyright© パンゲア ~世界中の知識~ , 2019 All Rights Reserved.