ランキング

【最新版】サッカー選手の移籍金・年俸ランキングTOP10 2019年10月

更新日:

近年はビッグディールが相次ぎ、移籍金は確実に高騰化してきているのは間違いありません。

さて、それでは最もたか移籍金は誰なのでしょうか?現在のトップ10です。

(1ユーロ=130円で計算)

1位:ネイマール(2017年)

f:id:amber_owl:20180618184124j:image
2億2200万ユーロ(約288億円)
バルセロナ→パリSG

歴代最高額の移籍金はブラジル代表のネイマール。

その類い稀なドリブルで他を圧倒するブラジルの至宝です。

フェイントで相手のタイミングをズラして抜き去るというプレーが得意で、DFは尻餅をついてしまうこともあります。

バルセロナからパリ・サンジェルマンへの移籍。バルセロナでは絶対的な存在のリオネル・メッシがいた為、自らがNo. 1としてプレーができなかったことが移籍の理由とも言われています。

移籍後のプレーは概ね好調でしたが、チームメイトのカバー二との仲があまり良くないらしく2022年までの契約ですが、すでに移籍をするのではという噂も広がっています。

2位:キリアン・エムバペ(2017年)

f:id:amber_owl:20180618185743j:image
1億8000万ユーロ(約234億円)
モナコ→パリSG

2位はフランスの神童エンバペ。

フランスの若きストライカー。

モナコ所属の2015年、ティエリ・アンリの持っていた最年少記録を塗り替えたことで、そのティエリ・アンリの再来と言われている。

2017年に234億というビッグディールでフランスの名門パリ・サンジェルマンへ移籍。

3位:フィリッペ・コウチーニョ(2018年)

f:id:amber_owl:20180618185703j:image
1億6000万ユーロ(約208億円)
リバプール→バルセロナ

ブラジルで今最も将来を期待されている選手の1人。

スピードはもう一つといったところですが、ドリブルとパスでどんな局面をも打開できるような選手です。

ドリブルはタッチが細かくなかなかカットができず、パスは一瞬の隙をつくような鋭いものでとても正確です。

また、ミドルシュートも武器で2018年ワールドカップの予選第1試合目のスイス戦では見事な同点弾を上げました。

4位:ウスマンヌ・デンベレ(2017年)

f:id:amber_owl:20180618194805j:image

1億4500万ユーロ(約188億円)
ドルトムント→バルセロナ

フランスの若きスピードスター。

とにかく、所属の爆発力がとんでもなく特にフェイントが卓越しているわけではありませんが、相手を置き去りにしていきます。

また、左右両方ともたかいレベルを持っています。

5位:ポール・ポグバ(2016年)

f:id:amber_owl:20180618194720j:image

1億1000万ユーロ(約143億円)
ユベントス→マンチェスター・U

大きな体躯と、高い身体能力で中盤であればどのポジションもこなせるユーティリティプレイヤー。

特にミドルシュートは強烈です。

また、髪型が奇抜であるのも有名です。

6位:ガレス・ベイル(2013年)

f:id:amber_owl:20180618192652j:image

1億100万ユーロ(約131億円)
トッテナム→R・マドリー

上手い、速い、でかいの三拍子揃った点取り屋。

2015年には世界最速のドリブル時速36.9kmを記録しました。

また、フィジカルも強靭で並大抵のタックルでは倒れません。ドリブル中にタックルされても相手を吹き飛ばすこともあります。

レアル・マドリードではBBC(ベイル、ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウド)を形成する1人です。

7位:クリスチアーノ・ロナウド(2009年)

f:id:amber_owl:20180618193621j:image
9400万ユーロ(約122億円)
マンチェスター・U→R・マドリー

現サッカー界にはトップレベルと言われる選手が増えてきました。

しかし、この選手はそのトップの中でもトップといっても過言ではない選手。

サッカーを知らない人でも名前は知ってるであろうクリスティアーノ・ロナウド。

ドリブルはもちろん、パス、シュート、フィジカルどれを取ってもワールドクラス。

決定力もトップレベルです。

唯一の欠点は、同じ時代に同じくトップと言っても過言ではないリオネル・メッシがいたことでしょう。

8位:ゴンサロ・イグアイン(2016年)

f:id:amber_owl:20180618193751j:image
9000万ユーロ(117億円)
ナポリ→ユベントス

得点感覚な鋭いセンターフォワード。

ペナルティエリア内およびその周辺でのプレーが光るフィニッシャー。

特に得意なのが、ディフェンスラインを追い越しパスを受け取りGKと一対一というプレー。

9位:ネイマール(2013年)

f:id:amber_owl:20180618194401j:image

8820万ユーロ(約115億円)
サントス→バルセロナ

10位:ルメル・ルカク(2017年)

f:id:amber_owl:20180618194231j:image
8470万ユーロ(約110億円)
エバートン→マンチェスター・U

ベルギーのフィジカルモンスター。

とにかく体が強いルカクのプレーはそれを使ったプレーが多いです。

ための多いポストプレー、裏に抜け出すドリブル、そして何と言っても打点の高いヘディング。

スピードも一級品なので相手チームには驚異の選手と言えるでしょう。

Copyright© パンゲア ~世界中の知識~ , 2019 All Rights Reserved.